高弾性カーボン使用ロッドの注意点

高弾性カーボン使用ロッドの注意点

弊社のロッドは工場出荷時に負荷 / スイングテスト等を行い、カーボン繊維のヨレが無いかを一本一本確認しております。
お客様には、数々のテストをパスした商品のみを納品させて頂いております。

高弾性カーボンは、長所として非常に軽く感度が良いのですが、その反面、硬く薄いため割れ易いという短所が有ります。
それ故に、普通の低弾性カーボン使用のロッドに比べ、弛緩した状態からの急激な負荷、限界点迄の曲げ、等を行うと簡単に折れる場合がございますのでご注意下さい。

ロッド使用時の注意点

■根掛かり時、ロッドを煽って外すと急激な負荷がベリー部分に掛かり、破損の原因となります。根掛かりを外す場合は、ラインを持ち、引っ張って外して下さい。

■魚を釣り上げ寄せた時にロッドを立て過ぎると『逆しの字』の状態になり、魚が暴れティップとベリー部に負荷が掛かり、破損の原因となります。魚のサイズが小さくても、ロッドを立て過ぎないようご注意頂き、負荷を掛けないようにして下さい。

■天井等にロッドを当てて曲がりを確認される方がいらっしゃいますが、実際の釣行使用時とは異なる角度で曲がり、一部に極端な負荷が掛かりますのでお止め下さい。

■ラインを持ってロッドの曲がりの確認されますと、ロッドが『逆しの字』の状態になり、ベリー部に負荷が集中するため破損に繋がります。

以上の事を繰り返すとブランクの内側に傷が入り、破損へ繋がります。
万一破損があった場合は有償修理となりますので、十分にご注意してご使用下さいますよう、お願い申し上げます。

  • 株式会社 34(サーティフォー)
    〒819-0006
    福岡県福岡市西区姪浜駅南3-1-9
    第三城南姪浜ビル2F
    営業時間:9:00~18:00(土日祝を除く)
    TEL:092-894-2034 FAX:092-894-2035

  • お問い合わせはコチラ