cbr-64

Remarkable CER-64

Remarkable CER-64

大分ボートアジングが根付いてきて、非常に盛んになってきた地域も出てきました。

しかし依然ショアアジングがメインであることに変わりはなく、アジがいない地域、アジが釣れない地域かつ、少し沖に出れば沢山のアジを釣る事が出来る環境は日本に沢山あり、アジングを楽しむ為に100km以上移動に費やす方がたくさんいるのが現状です。

 

僕はそういった「リスク」を負うことなく、ボートで釣る事が出来ればアジングをもっと楽しんで頂けるのでは無いだろうかと思いボートアジングを推奨し始めて、早くも三年が過ぎようとしています。そんな中、色々な地域でイカメタルなどと一緒にアジングを楽しまれている地域の方々から「アジング用のオフショアベイトロッド」を作って欲しいとのリクエストを受け、長らくテストを繰り返しておりました。

 

テストで使い込んでいると、様々な点でベイトロッドを使ったアジングの利便性を感じとることができました。ワンタッチでラインを出し止める事が出来き、メソッドもベイトならではの物が色々考えられましたし、釣果も上がる様になりました。これはスピニングしかしてこなかった僕には意外な効能でした。

 

ロッドの性能面に関してですが、イカメタルと兼用となるとやはり2ozは最低でも乗せられる必要があり、しかもアジの微妙なアタリもティップに出る様にしないといけない。よって設計ではベリーの硬さ、強さが焦点になりました。

 

元々ボートアジングロッドはその釣り方が独特な為に、アクションは極端なファーストテーパーですが(イカメタルを守備範囲に見据えた)2oz程度まで背負わすとなれば、余りベリーまで強くしてしまうとティップが持たなくなる。よってベリーにも少し負担させながらそれ程曲がらないというアクションを考慮しないといけないというのはかなり苦労しました。

 

結局2年位がかりでやっと出来上がりましたが、甲斐あってほぼ理想的なものとなり、2ozを乗せて50mラインを釣ってもゆとりで支え、通常使用する1oz以下の錘を付けた場合はティップで支えるという「錘による可変式テーパー」をベリーまで採用したことによりアタリも綺麗に出るロッドに仕上がりました。今では僕のボートアジングのメインロッドになっています。

 

  • 株式会社 34(サーティフォー)
    〒819-0006
    福岡県福岡市西区姪浜駅南3-1-9
    第三城南姪浜ビル2F
    営業時間:9:00~18:00(土日祝を除く)
    TEL:092-894-2034 FAX:092-894-2035

  • お問い合わせはコチラ